感動したお話。

  • 2013.03.05 Tuesday
  • 17:05
まずお話をどうぞ〜






息子:パパ、ひとつ訊いていい?
パパ:なんだい?
息子:パパの時給はいくら?
パパ:ほっといてくれ!どうしてだい?
息子:なんてもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?
パパ:そんなに言うなら…う〜ん、時給100ドルくらいかな。
息子:えっ!(うつむきながら)パパ50ドル貸してくれない?
パパ:くだらないオモチャを買うために?いますぐベッドに入って反省してなさい!
   パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ。

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。
ぶしつけな質問にカッとなったパパも、しばらくして少し冷静さを取り戻しました。
お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。
彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。

パパ:起きてるかい?
息子:…うん。
パパ:さっきはきつくあたってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。

男の子は笑顔で立ち上がりました。

息子:ありがとうパパ!

そしておもむろに枕の下からお札の束を取り出し数え始めました。
男の子はもういくらかお金を持っていたのです。
パパはまたしてもカンカンです。

パパ:どうしてお金を持ってるのに貸してだなんて言ったんだ!?
息子:だって足りなかったから…。でももう大丈夫!
   パパ、ここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
   だから明日は1時間早く帰ってきて、夕ごはん一緒に食べようよ!

パパは打ちひしがれました。
男の子を力いっぱい抱きしめ、許しを請いました。

ただがむしゃらに働き続けているあなたへ。
時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。
愛する人との時間は100ドルで買えますか?
もし明日死んでしまうとしたら、会社には我々の代わりになる人がいます。
でも家族や友人は、残りの人生を喪失感と共に生きることになるでしょう。
そのことを思えば、もっと家族との時間を大事にできるかもしれませんね。

人生にはもっと大事なことがある。


Translate from
https://www.facebook.com/HitLikeIfAgreed

訳 白石新さん。



凄く考えさせられました( ;´Д`)
感動しちゃいました。


明日は早く帰宅して
家族揃って夕飯たべませんか?!



はるさくママ




haru*sakuのFacebookファンページ
haru*sakuFacebookファンページ
にいいね!していただくと喜びます♪( ´▽`)
ブログも自動であなたのタイムラインに登場して楽チンですよ♪


リアルタイム更新のアメブロもぜひみてね!
はるさくママのアメブロ



----------------------------------
堺市中区深井 髪質改善キッズスペース付美容室 ヘアメイク ハルサク
072-281-8639 堺市中区土師町3-8-16プランドール土師101
営業時間:9:00〜17:00 不定休
---------------------------------
コメント
ホントにいいお話‼
いっぱいイイネを押したい⭐⭐⭐
いい話をありがとう(((o(*゚▽゚*)o)))
  • つゆこ
  • 2013/03/05 9:34 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM